きゅうりの種を夏にまいたが成長しないのはなぜですか?

スポンサードリンク

きゅうりの種を夏にまいたが成長しないのはどうして?

きゅうりQ&A

 

きゅうりの種を夏にまいたが成長しないのはなぜか?

 

 

 

きゅうりQ&A

 

きゅうり栽培で一番簡単なのが5月頃の植え付けた場合です。逆に夏栽培はしっかりと管理しなければ難しいと言われています。本場が1〜2枚付きどんどん成長するのが普通ですが、成長が止まって枯死する事が多いからです。現在、秋きゅうりの栽培を行う方が多くなってきました。

 

ネコブ病(ネマトーダの一種)をご存知ですか?

 

原因はネコブ線(ネマトーダの一種)が根に寄生する事が原因の一つとしてあげられ、根を引き抜くと小さなこぶがついてい細い根が褐色していたらこの被害です。堆肥不足、水不足、高温下で症状がさらにひどくなります。ホームセンターで消毒剤を購入するか、ハーブのマリーゴールドを一緒に栽培すると線虫の種類によってはほとんど死滅することが可能です。堆肥の多用も効果があります。良い土で栽培する事が一番の対策になります。夏栽培(秋きゅうり)は、ねこぶ病だけでなく、害虫も多く、雑草も多く出るので管理をきちんとして消毒された良い土で栽培する事が大きなポイントになります。

 

スポンサードリンク

きゅうりの種を夏にまいたが成長しない!関連ページ

秋きゅうりの栽培は可能ですか?
夏だけのきゅうりのイメージがあります。しかし、秋用の苗があるんです。夏は、ゴールデンウィーク位に植え付けが一般的ですよね。しかし、秋用のきゅうりは・・・・・
曲がりきゅうりや尻太果が増えてきたのはなぜ?
曲がりきゅうりや尻太果の事です。始めはまっすぐだったのに、急に実が大きくならなかったり、実が曲がったり尻太の実ができてしまうのはどうしてでしょうか。
農家直伝の栽培のコツがあれば教えてください。
毎年うまく育たない人、うまく栽培はできているが、もっとうまく栽培したい人はぜひ参考にしてください。特に、路地栽培では上手な方と下手な方と差がでるので少しでも豆知識になればと思います。
葉かきをするよいのは本当ですか?
きゅうり栽培で大切な「葉かき」。めんどうだしやらなくても収穫はできます。しかし、葉かきをするとしないでは、収穫量と収穫期間、病気になりやすいなど思わぬ差があるのはご存知ですか?栽培のコツをぜひ参考にして栽培に生かしてください。