きゅうりの育て方、簡単な栽培方法の流れを説明

スポンサードリンク

きゅうりの簡単な育て方

@種まき

きゅうり種まき

種からの栽培は、家庭菜園できゅうりの育て方の醍醐味ですのでぜひ挑戦してください。直まきなら50〜60p間隔で2〜3粒ずつ点まきする。土は1pほど覆土する。きゅうりは、大変発芽しやすいので苗を購入しなくても比較的栽培しやすいです。我が家の畑では、毎年ポットで苗を作って栽培しています。

 

 

 

 

 

A土作り

土作り

2週間前に、苦土石灰、堆肥、化成肥料、油かすを混ぜ耕す。1u当たり、苦土石灰(100g)、堆肥(5k)、化成肥料(80g)、油かす(50g)

 

 

 

 

 

 

B苗植え付け

きゅうり苗植え付け

ポットで栽培した場合は、本葉が4〜5枚になったら定植する。
早くの移植より、本葉が4〜5枚になった位の方が確実に移植できる。

 

 

 

 

 

 

C脇芽取り

脇芽取り

40p位の高さになるまでは脇芽を取り、花も摘んでしまいます。理由は、小さい株に実を付けると株に大変大きな負担がかかるからです。

 

長期間の収穫をするには、確実に株を大きくして負担を少なくします。それと、一番果の実の収穫は小さいうちに取るのが理想で、
きゅうりの場合は、開花15日前後の幼果で取るのがベストです。それと、親づるだけを伸ばしてトマトのように脇芽は、全て取り除いた方が長期収穫が出来ます。

 

 

D支柱立て

きゅうりの支柱立て

成長が始まったら、150p位の支柱をしっかりと立てて誘引します。きゅうりネットを張る場合は、ホームセンターなどで、5mなら100円位で販売されています。

 

 

 

 

 

 

 

E収穫

きゅうりの収穫

重さ100g、長さ18p程度が収穫適期です。実が小さくてもできるだけ早く収穫をする事をお勧めします。理由は、収穫期が遅れるとそれだけ株が弱り、その後の収穫量が大きく落ち込みます。

 

きゅうりは、「まだ小さな実だから2.3日は平気だと!」と油断していると大変です。ヘチマのような特大きゅうりになっている実を見て、『しまった!』手遅れだったと言う事がたびたびあります。
我が家の畑では、2日も畑に行けない時は、一指し指サイズの実は全て切り落とします。必要以上に実を大きくさせると株は疲れるし長期収穫に大きく影響してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家庭菜園のきゅうりの育て方記事一覧

きゅうりの種(採取法など)

きゅうりの種は、現在は品種だけでも500種類以上もあると言われています。その中でも、大半が白イボですが、白イボ系と黒イボ系に分かれています。きゅうりの種の寿命は、乾燥した冷暗所で4年位、保管状態が良ければ10年位は保存できます。種からの栽培は、需要なコツがあるので下記に詳しく説明します。きゅうりの種...

≫続きを読む

きゅうりの苗

きゅうりの苗は、育苗が難しいので普通は苗を購入します。苗の選び方は、本葉が4〜5枚で、葉と葉の間隔が詰まっている苗が良い。初心者は、接ぎ木苗で栽培すると失敗が少なくてすむのでコツとも言えます。接ぎ木苗だと耐病性に強いので苗がどんどん育成します。キュウリ接ぎ木苗は、ホームセンターなどで普通の苗の倍以上...

≫続きを読む

きゅうりの肥料

一般的にきゅうりの肥料は下記の種類を使用します。【苦土石灰】苦土石灰 2kg(粒状)酸性になりやすい土壌は、一般的にマグネシウム欠乏になりやすいので、土の酸度を中和するには是非とも苦土石灰の使用をおすすめいたします。苦土(マグネシウム)は五大要素肥料の1つで、重要な肥料成分です。土壌のマグネシウムが...

≫続きを読む

きゅうり支柱

きゅうりの育成が始まったら支柱を立てます。きゅうりは発芽するとグングン大きくなり、2か月もしないで収穫ができるほど成長が早いです。支柱の立て方は、高さは、長さが150p位の支柱をしっかりと立てれば十分です。できれば、二本の支柱をクロスさせて写真のようにやぐらを組むと台風にも安心です。特に、実の収穫を...

≫続きを読む

きゅうりのネット

キュウリネットきゅうりのネットは、専用のネットがホームセンターや園芸用品で販売されています。格安の商品は、網が絡みやすく糸も細いので一度使用すると通常は使い捨ての方が多いと思います。しかし、園芸用で正方形のしっかりした網だと多少は金額が高いですが、しっかりしているし、ゴーヤなどの他の野菜にも利用でき...

≫続きを読む

きゅうりの花

きゅうりの花は黄色で可愛いらしいです。きゅうりの品種はたくさんありますが、花だけはどれも共通の黄色い花!大きな葉っぱの下にちょこんと顔を出し、最盛期には次々と花が咲きますが意外とすぐに枯れてしまいます。一つ目の花が咲くと次々と花が咲き始めます。ちなみにきゅうりの花には花言葉があります。それは、【洒落...

≫続きを読む

きゅうりの受粉

やはり、きゅうりの受粉は人工的にした方良いのか気になりますよね!きゅうりの花は、雌花(めばな)と雄花(おばな)があります。雌花と雄花があるので、実を大きくするには受粉を助ける為に、誰もが人工受粉を考えるのではないでしょうか?しかし、きゅうりは、単為結果性(たんいけっかせい)と言って受粉をしなくても実...

≫続きを読む

きゅうり摘心

きゅうりの摘心は、きゅうりの親づるの先端が支柱の先端に届いたら摘心します。摘心とは、先を摘み取ってしまう事です。理由は、摘心をする事によって収穫量が増えるからです。親づるの栄養が、先を摘み取る事によって、小づるや孫づるいその分栄養が分散される為、大きな収穫が可能になります。逆に摘心をしなかった場合は...

≫続きを読む

スポンサードリンク