きゅうりの古漬け

スポンサードリンク

昔ながらのきゅうりの漬物の古漬け

きゅうりの古漬け

 

きゅうりの古漬けと言えば、昔は、蓋に重い石を置いて作った漬物レシピです。

 

少々手間がかかりますが当時の味再現レシピです。

 

手間の分美味しさは格別ですね。

 

 

 

材料(6人分)

 

 

A きゅうり  6本位

 

B 粗塩 下漬け用 60グラム位

 

B 水 120cc

 

C 粗塩 本漬け用 40グラム位

 

 

 

作り方

 

@まずは、下漬けです。湯を沸かし、塩を投入します。(溶けきらなくても気にしないで下さい)

 

 

A漬物用樽にきゅうりを隙間の無いように並べる 。沸騰させた1の熱湯を全てのきゅうりにかける。きゅうりの皮がパリッと漬かるポイントです。

 

 

B後は、しっかりと重しを乗せて、涼しい所で1週間位保管します。もしも、白い泡が出てきたら、すぐに本漬けしましょう

 

 

C漬けたきゅうりを、手でしっかり洗って下さい。

 

 

D芯まで漬かる用に今度は、本漬け作業です。同じように樽に隙間なくきゅうりを並べますが、その際に、一本づつキュウリに塩をまぶします。

 

Eと同じように、しっかりと重石を乗せて涼しい所で保管します。何日かして 水が沢山出てきたら出た分は水を捨てて、塩を振ります。

 

 

F5日ほどで古漬けの完成ですが、白い泡が出たら、布巾でふき取り塩をまぶします。

 

 

G最後に塩抜きです 。このままでは、しょっぱくて食べられません。塩漬けの数の子のように水を抜きをします。大きめのザルなどに水を入れて、一日以上塩を抜きます。

 

 

 コツ・ポイント

 

冷蔵庫保存なら長期保存が可能です。

 

ピり辛が好きな方は鷹の爪を一本下漬けの際に一緒に漬けましょう。

 

※生姜を千切りにして一緒に入れると美味しさが増します。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

きゅうりの古漬け関連ページ

きゅうりの浅漬け
きゅうりの浅漬けは、とにかく簡単で美味しい! ビールのつまみにとりあえず一品がすぐに完成です。 子供のおべんとうの一品にもなりますよね。 作り方は簡単ですよ。
きゅうりのからし漬け
きゅうりのからし漬けのレシピです。 作るのが難しいと思ったらすごい簡単ですよ。 食欲が無い時でも、ご飯が進みます。
きゅうりのビール漬け
きゅうりのビール漬けは病みつきになる味です。 後味が、ビール独特の風味と苦味があるので食欲増進につながります。 ぬか漬けよりさっぱりして癖がないので私も大好きです。
きゅうりのピクルス
ピクルスは作れるの?と思っている方多いと思います。 でも、手軽に作れますよ。 沸騰して煮立てれば出来上がりで長期保存もできるのでありがたい料理です。 夏は、大量にきゅうりが収穫できるので大変たすかるレシピです。
きゅうりの粕漬け
きゅうりの粕漬けは意外と簡単です。 手頃で美味しいレシピです。 酒粕が好きな方は、酒粕ごとご飯に乗せても美味しいし、ビールのおつまみにどうぞ! きゅうりの酒粕のレシピは簡単ですよ。
きゅうりの塩漬け
きゅうりの塩漬けです。 とにかく簡単ですよね。 串刺しきゅうりのヒンヤリ冷たい一本をお子さんにどうですか! おかずにも、おつまみにもばっちりです。 材料も手間も納得のレシピ・・・・・
きゅうりのキューちゃん
きゅうりの漬物ときたらやっぱりきゅうりのキューちゃんですよね。 作り方はとっても簡単です。 食欲の無い時でも、ご飯が進みます。 大量のきゅうりが煮込むので本当に少なくなります。