きゅうりの冷凍保存の説明。

スポンサードリンク

きゅうりの冷凍保存方法を詳しく説明

きゅうりの冷凍
↑解凍したきゅうり

 

きゅうりの冷凍保存は、解凍後にすぐに使えるように、厚さに、料理しやすいように薄切りに切っておきます。切らずに冷凍保存すると、解凍してからでないと切れないので利便性に欠けます。解凍後は水分が出るのが嫌なら塩を振って軽く塩もみしてから保存すると良いでしょう。後は、ジプロック(パッチン付き密閉袋)やビニール袋に入れて、冷凍庫で冷凍保存します。

 

解凍後は、生とは違う触感になりますが、炒め物にするなら逆にしんなりして料理時間も短縮できて大変重宝します。生を炒めるとしんなりするのにかなり時間をかけて炒めないとしんなりしないので、好きな時に簡単に利用できるので逆に利用価値があります。又、酢の物などにも利用する際は簡単便利です。

 

時期外れには大変高価になるきゅうりですから、冷凍保存はありがたいです。たくさん頂いた時や、スーパーで一袋買ってもすぐには使い切れない時などは、冷凍保存は目からうろこと言った感じです。

 

解凍後のメインは、酢の物や和え物、炒め物などにして頂きます。100円ショップにも売っているジプロックは、再利用もできるので必需品ですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク