きゅうりの栄養の紹介です。

スポンサードリンク

きゅうりの栄養の説明

きゅうりは、白菜、キャベツと同様に水分が多く、全体の9割が水分で成り立っています。きゅうりの栄養は、ビタミンC、ビタミンK、カリウム、銅などが含まれます。ビタミンC、ビタミンK、葉酸などを微量に含みますが、カリウムは比較的多く含みます。

 

 

特に、夏野菜は体を冷やすと言いますがその通り自然の恵みです。理由は、汗で消耗したビタミンCやカリウムを補い体を冷やします。暑い夏にはもってこいの野菜です。外側の緑の部分に含まれるカロテンは、油に吸収されやすいので炒め物に利用すると良い野菜です。

 

 

きゅうりの栄養

きゅうりの栄養記事一覧

きゅうりの効能

主なきゅうりの効用としてナトリウムを排出させるナトリウムの働きによって利尿作用でむくみ、だるさを改善します。昔から、むくみやだるさにはキュウリが利尿作用、解毒剤代わりに使われていました。その為、ナトリウムを排出させるので血圧降下、腎臓病予防に役立っていました。近年では、皮の部分の苦味に含まれている苦...

≫続きを読む

スポンサードリンク