きゅうり 病気 害虫について

スポンサードリンク

きゅうり 病気 害虫

きゅうり 病気 害虫 ウリハムシきゅうり 病気 害虫 ウリハムシ 葉
ウリハムシウリハムシに食害されたきゅうりの葉

 

ウリハムシ

ウリハムシは、きゅうり栽培で最も多い被害が出る害虫です。表面は黄色で、活発的に動き、行き場をなくすとすぐに飛ぶ習性があります.。成虫は7月以降に発生する為、8月以降に被害が大きくなる傾向があります。きゅうりだけでなくかぼちゃ等、ウリ科の最大の天敵である。

 

対策

ビニールハウスでなく、露地栽培の場合は害虫は付き物ですよね。発生した場合は、一番良いのは手で捕殺する事です。次に、コンパニオンプランツ(共栄作物)でネギを植えると、ウリハムシが嫌うとの情報もありますが完全には抑えられません。又、ウリハムシは光物にを大変嫌います。一度捕獲して蛍光灯を当てたら、光を嫌っているのか?動きが活発になりました。アルミホイルなどの光物に効果が見込めると思いますが完全に撃退するのは難しいかもしれません。もしも、農薬を使うならマラソン乳剤を発生初期に散布すると効果的ですが一回の散布では正直効果がありません。ホームセンターで扱われている農薬はウリハムシを一回の散布で効果を発生させるほど強い農薬は取り扱っていません。

 

 

安心自家製農薬

 

焼酎(濃度は25度でも30度でもどちらでも)・・・1L

 

唐辛子・・・ひとつまみ

 

これを一カ月密閉ビンに入れれば完成です。唐辛子からでるカブサイシンと言う成分が溶け出してこれが害虫によく効きます。しかし、長期的な効果はありませんので定期的な散布が必要です。ちなみにアブラムシにも効果があるので、私は個人的にはお気に入りで愛用しています。理由は、材料も安く無農薬にこだわるのであれば利用価値はかなりあると思います。

 

※必ず水500倍で薄めて使用して下さい。もしも薄めず原液でしようしたりもっと効き目を期待して濃度を濃すぎたりすると、液が大変強いので野菜が弱まり散布した部分が痛んで枯れてしまいます。それと、自家製農薬で安心ですが、目に入ると悲劇が起きるので十分に注意してください。

スポンサードリンク