体によい調理方法

スポンサードリンク

きゅうりが体に美味しい調理方法

きゅうり体によい調理法

 

 

きゅうりの持っている栄養やパワーをうまく取り入れるための調理方法を紹介します。

 

きゅうりにはビタミンCを破壊する酵素・アスコルビナーゼが含まれています。その働きは、酢を加えるか50度以上の加熱で抑えることができるので、ビタミンCを効果的に摂取したいときは、酢の物や炒め物にします。ほかの野菜やジュースにするのは避けるようにしましょう。

 

 

きゅうりが美味しくなるひと手間

 

塩ずり・板ずり

さっと洗いぬらしたきゅうりを、塩をつけた手で包んでこする塩ずりする。または軽く塩をふって、まな板の上で転がす板ずりする。どちらも色が鮮やかになり、イボやえぐみも取れて、軽く実がしまって美味しくなります。

 

 

 

たたく

めん棒やビンなど、かたく角のないものを使って、たたいて割る。包丁で切るよりも表面積が広くなり、味がしみこみやすくなります。

 

 

 

ピーラーで削る

薄くヒラヒラしたリボン状にスライスするなら、ピーラーで。サラダなど、見た目にも美しいだけでなく、ドレッシングがからまりやすいです。

スポンサードリンク